籠原歩人自転車部「あついぞ!熊谷 バーニングマンレース2013」参戦記 その1

2013年7月27日

ここは埼玉…

作戦地区名 エリアKUMAGAYA…

高気温中の高気温!

灼熱の激戦区 エリアKUMAGAYA!

生きてペダルを踏める運はすべて直実の気分まかせ!

おれたちゃ、エアコンと手をきって、地獄のロードを手にとった…

暑さ知らずの銀輪野郎!!

s-bmr2013_01_01

ということで、いよいよ灼熱の熊谷で行われる自転車レース「あついぞ!熊谷 バーニングマンレース2013」の始まりだ!

s-bmr2013_01_02

朝7時ころに会場に到着。

開場予定は7時半だったけど、すでに開場されていて、準備している人はもういっぱい。

ちなみにこの日は最高気温が32度くらいで、まあ「灼熱」とか「酷暑」ってほどでもない感じ。

走る身としては助かるけど、レースのコンセプトとしてはちょっと中途半端かな。

s-bmr2013_01_03

それじゃあチームの紹介と行こう。

もてぎエンデューロで全国に勇名を轟かせた「チームマイナー」の面々だ。

平地も山もマイナー店発掘もお任せ、頼れるキャプテンhatsu!

巨大な体躯で圧倒的なプレッシャーを与える、メガクラッシャーK4!

暇さえあれば仕事前の朝でも峠を登る、クライムジャンキーTO!

そしてご存知の籠原の肉食獣、ハングリードッグDaniel!

地元熊谷開催のレースとあって各人の気合は充分だ!

s-bmr2013_01_04

しかしおもむろに俺がジャージを脱ぐ!

その下にはなんとカゴハラウォーカーのジャージが!?

s-bmr2013_01_05

「なんだそれは!?どうなってんだ!?」

「HAHAHA!!今日は君たちとは走らないよ!」

声高らかに言い放つ俺、驚きのぞけるチームマイナーのメンバーたち。

s-bmr2013_01_06

「きさまぁ~、裏切ったなぁ~!!」

飛び交う怒号と拳、軽やかに捌く俺。

「今まで私と走れたことに感謝するがいい!」

昨日の友は今日の敵!

さらばだ、諸君!

s-bmr2013_01_07

ということで本当のチーム紹介と行こう。

前回は5人で出場したカゴハラウォーカーズ、今年はもう1名を加えて全6人で参加だ。

3人ずつ分けて「カゴハラウォーカーズA」と「カゴハラウォーカーズB」の2チームで戦うことになったぞ。

s-bmr2013_01_08

この日のために作ったカゴハラウォーカーのオリジナルジャージを着て気合を入れる。

らじまにあさん、Oさん、私、ひーくんの凡チャンさんくるかめさん、Mさん。

みんな年齢も住む所も仕事も自転車歴も違うが、自転車にかける熱い想いは同じだ。

s-bmr2013_01_09

色々準備をしているうちにテンションは高まっていく。

私は前回に続いて2回めの出場。

前回は5人1チームで6時間エンデューロに出場、39チーム中28位、アベレージは29.5km/hという結果だった。

今回はなんとか半分よりも上には入りたいところだな。

s-bmr2013_01_10

今回は2チームで出場ということで、Aチーム(痛チャリチーム)Bチーム(ガチンコチーム)に別れた。

私はもちろんAチームで、うちわ祭りを見て閃いた「暑いぞクマガヤ&クールだ雪くま号」にて出場だ。

他の2名ももちろん痛チャリ。

しかしまあ、「エヴァ」と「あの花」と「あつべえ」とは、何ともまあ統制のとれていないチームだ(笑)

ちなみにこれはプラスチック製のホイールカバーにシールを張ったものです。

目立つけど重いよ。

s-bmr2013_01_11

動画のインタビューも受けちゃったよ。

どこで使われるのかな?

おっと、そうこうしているうちに午前9時。

コースの試走時間になったぞ。

それじゃあ軽く走ってこようか。

2013 7 27 バーニングマンレース2013 その1 試走

路面は凸凹が多いし、急コーナーもあるし、幅が狭い所も多い。

かなり気をつけて走らないと事故の危険があるな。

s-bmr2013_01_12

さあ、いよいよスタートの時間が迫ってきた。

私たちは5時間・ロード・チームのカテゴリーにエントリーしているため、午前3時間と午後2時間の合計5時間を3人交代で走ることになる。

Aチームのトップはひーくん、BチームはMさんだ。

次回に続く!!