第2回嬬恋万座ヒルクライムに出場した 前日~当日朝編

2013年9月10日

昨日も書いたとおり、9月8日に開催された嬬恋万座ヒルクライム大会に行ってまいりました。

この大会は前日の土曜日に受付、そして日曜日にレース本番という形式です。

koihill01_01

まずは土曜日。

天気予報はピンポイントで土日が雨・・・

まあ、こればかりは仕方ない。

13時頃に受付会場の村立東部小学校に到着。

koihill01_02

雨が降っているので体育館の中で受付となります。

ハガキ(参加受理書)を自分の参加するカテゴリーに出してゼッケンなどを受け取ります。

それが終わったら参加賞を受け取るのですが、全然説明がなかったために受け取らずに帰りそうになっちゃった。

危ない、危ない。

koihill01_03

館内にはいくつかのブースも出店。

お高い自転車からお安い消耗品まで、色々売っています。

ああ~、電動いいなぁ~

ああ~、ディープリムホイールいいなぁ~

オカネないのに物欲しそうな目で見ています。

koihill01_04

ステージ上では大会MCの白戸太朗さんと安田大サーカスの団長安田さんのトークショーが。

2人は明日も走るんだって。

koihill01_05

外に行ってみよう。

どうやら外のテントで食べ物を出してくれているみたいだ。

koihill01_06

嬬恋といえばキャベツ!

それにとうもろこしもセットでどうぞ!

シャキシャキでウマ~!!

とうもろこしもアマ~!!

koihill01_07

なになに、「マタギ特製 山賊ブラウンシチュー」だって?

これはしっかり頂かないと!

koihill01_08

うは~、これも温かくて美味いな~!

この時点でこんな美味しいのを食べさせてもらえるとは思わなかったよ。

中に入ってるのは鹿の肉なのかな?

こりゃあ、途中で昼食をとってくる必要なかったなぁ~

koihill01_09

さて、その後は明日走る有料道路「万座ハイウェー」を登って万座高原ホテルに到着。

このホテルはゴール地点のすぐそばだから、走り終わったらそのまま宿に戻れるのが魅力です。

よし、荷物や自転車を降ろして部屋に持って行こう。

なお自転車はロビー付近にスペースがあり、そこにも置けるようになっていたよ。

私はまだ整備があるので部屋に持って行ったけどね。

koihill01_10

とりあえず気分を盛り上げるためにジャージにゼッケンでもつけちゃおうか。

この日のために作ったオリジナルゼッケン留めを使おう。

koihill01_11

ゼッケンは両脇に貼れとの規定。

この位置につけるのは結構難しいな(汗)

立ったままでちょうどよく付けると、自転車に乗った時には歪んじゃうんだよね。

koihill01_12

さて、明日のことを考えて早めに夕食にしよう。

それにしても、明日はヒルクラ大会だってんのに、こんなに食べていいもんですかね?

それでもいつもよりは抑えたつもりなんだけど・・・

この後にお替りまでしちゃって、お腹いっぱいです、ハイ。

koihill01_13

そして当日の朝。

うわぁ~、しっかり雨だぁ~(涙)

「ポツポツ」ではなく「ジャージャー」のレベルだよ・・・

このコンディションでは出走は厳しいかなぁ・・・

koihill01_14

とりあえず朝ごはんは食べておこう。

出るか出ないか悩んでいると、一緒の宿に泊まっていたチームマイナーのhatsuさんとTOさんに会う。

2人はさっさとDNS(出走取りやめ)を決めていた。

そうだよね~、この雨じゃね~

絶対風邪ひくし、下りは滑って危ないし、明日からまた仕事だしね。

今週は大事な用事もあるから風邪引く訳にはいかないしね。

koihill01_15

玄関ロビーでは参加者たちが忙しそうに出走準備をしている。

考えてみれば私は防寒装備は持って来たけど、雨装備は持って来てないんだよね。

雨に濡れた自転車の整備もすごく大変だし、また次のレースに目標を定めればいいかぁ。

そうと決まれば別の宿に泊まっているくるかめさんひーくん夫妻にメールを打とう。

「スイマセン、残念ですが私は今日はDNSとします。ゆっくり温泉に浸かって帰ります。皆さんも無理しないで下さいね。」

残念だが仕方ない。

無理して走って風邪を引いたり怪我をしては元も子もない。

私の初ヒルクラ大会はこうやって幕を閉じた。

続く。