12月のマイナー錬 ~悪魔の耳を喰いに行く~ その2

前回からの続きです。

オレンジハットで自販機バーガー、伊勢純でだんごといなりを食した我々。

次なる補給地点は何処?

s-minor201312_02_01

と思ってたら早速次の補給地点が!

まだ500mも走ってないのだけど・・・

でも「揚げたてコロッケ」とはいいじゃないか!

甘いものの後はこういうのがいいよね。

・・・しかし揚げ物の時間はまだ始まってないとのこと。

残念ながら次の補給地点に向かおう。

s-minor201312_02_02

そしてまた500mも走ってない所で次の補給地点に到着。

「香雲堂本店 八幡店」です。

ここの最中が足利名物みたいだ。

なお店先で恥ずかしい格好で撮影してたのは内緒だ。

マイナー錬をしてみるよ 12月 悪魔の耳錬 第1章 S2

s-minor201312_02_03

それぞれ古印最中を1つずつゲット。

どれも形が違うけど、お値段は一緒。

s-minor201312_02_04

皮はパリパリ、あんこはズッシリ。

上品な甘さが直球ど真ん中でガッツリくる。

「きたきたきたきたきたきたきたきたきたーっ!!」

更なる血糖値アップで次に行こう。

詳細は以下で

足利市八幡町1丁目「香雲堂本店 八幡店」の古印最中

s-minor201312_02_05

渡良瀬橋を渡って足利市内へ。

s-minor201312_02_06

渡良瀬川ではちょうど鮭の産卵時期。

今まさに産卵中の鮭たちがユラユラしている。

川岸には力尽きた鮭たちも。

連綿と続く生命の営みに妙に目頭が熱くなる。

s-minor201312_02_07

その先ちょっと行くと、横断歩道もないのに道路脇に押しボタンが有る。

なんだ、そりゃ?

メンバーの調査が始まる。

s-minor201312_02_08

なにぃ、横断するためのボタンじゃなくて、歌が流れるボタンだと!?

どういうことだ!?

「ぎんたん!君の意見を聞こうッ!」

s-minor201312_02_09

「たったひとつだけ策はある!!とっておきのやつだ!いいか!息がとまるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。歌うんだよォォォーッ」

そう、ここは森高千里の名曲「渡良瀬橋」の聖地。

石碑と歌の流れるボタンがあるのだ。

我らの青春の偶像に敬意を込め、全員で合唱する。

「マイナーズが無意識にのうちにとっていたのは“敬礼”の姿であった・・・涙は流さなかったが、無言の男の詩(うた)があった・・・奇妙な友情があった・・・」

D6997 (20)

参考

マイナー錬をしてみるよ 12月 悪魔の耳錬 第1章 S3

s-minor201312_02_10

さて、心清らかに歌い上げた我々は次なる補給ポイントへ。

しかし無情にも次なる補給地点も甘いモノ・・・

「富士屋」の自慢焼きです。

s-minor201312_02_11

ここではうぐいすあんの自慢焼きをゲット。

む、パリパリしてる!?

しっとり柔らかをイメージして食べてみるとビックリするぞ。

家庭で焼いた「ちょっと火力が強すぎたかな?」って感じのホットケーキに似ている。

その食感は意外だが、なんだかまるで別の食べ物のように美味しく味わえる。

詳細は以下で

足利市通1丁目「富士屋」の自慢焼き(うぐいすあん)

s-minor201312_02_12

しかしなんだな、奥の食堂が気になるな・・・

レトロな食品サンプルがそそるぜ。

s-minor201312_02_13

そして一行は噂のデビルイヤーを食すため佐野へ。

続く。