第11回 Mt.富士ヒルクライムに出場した 準備編

6月1日に開催された第11回 Mt.富士ヒルクライムに出場してきました。

fujiHC2014_01_01

富士HCは参加人数6500人と、日本でもトップクラスの規模の大会。

世界遺産に登録された霊峰富士を駆け上ります。

コースデータは以下のとおり。

スタート:富士北麓公園 (計測開始地点:料金所手前)

フィニッシュ:富士山五合目

距離 :25km (計測部分24km)

標高差:1,270m(計測部分1,255m)

勾配:平均5.2%、最大7.8%

距離こそ長いものの、勾配はそれほどでもないため、完走率は99%以上とのこと。

エキスパートからビギナーまで、誰でも楽しめるそうです。

fujiHC2014_01_02

勾配表はこんな感じ。

コースの特徴としては

・一合目までが一番きつい区間なので、頑張り過ぎると後半持たない

・その後は所々にきつい箇所はあるが、基本的にゆるやか

・ラスト直前に平坦な部分があり、そこではしっかり高速走行

とのこと。

ということは作戦としては

・前半は脚を使わずに心拍で走る

・後半はトルク重視で

でいいんじゃないかな?

fujiHC2014_01_03

とはいえ、ヒルクライムの大会に参加した経験は過去に一度だけの私。

第2回嬬恋万座ヒルクライムに出場した 前日~当日朝編

http://cycle.kagohara.net/2013/09/16712.htm

第2回嬬恋万座ヒルクライムに出場した 逡巡編

http://cycle.kagohara.net/2013/09/16737.htm

第2回嬬恋万座ヒルクライムに出場した 激走編

http://cycle.kagohara.net/2013/09/16739.htm

嬬恋は寒かったけなぁ・・・

ヒルクライムの経験で最長距離はこの時の18km。

それ以外では普段走っている定峰のせいぜい5kmくらいしか登ったことがない。

ここはしっかり目標とペース配分を考えよう。

ところで富士HCではゴールタイムに応じて「フィニッシャーリング」というコラムスペーサーが貰えます。

65分以内:ゴールドリング

75分以内:シルバーリング

90分以内:ブロンズリング

90分超えで完走した男性:ブルーリング

女性の完走者:ピンクリング

参考画像:富士ヒルクライム フィニッシャーリング

それぞれの難易度は大体この通り。

ゴールドリング:500人に1人

シルバーリング:20人に1人

ブロンズリング:10人に3人

ゴールドは偏差値で言うと80くらいで、全参加者の中で十数名しか達成できない。

シルバーでも上位5%で偏差値68くらいはあり、かなりの難易度だ。

そしてブロンズリングのタイムである90分を切ると「脱初心者」と言われるようだ。

よし、今回はそこに目標を定めて挑むことにしよう。

目標が決まったらペース配分だ。

90分もの長丁場は未知の世界、ガムシャラに走るのはあまりにも危険で無謀だろう。

となると、しっかりペース配分を決め、最大限に効率良く走る必要がある。

fujiHC2014_01_04

幸い、ネットには90分切りのためのペース表はたくさんある。

それを参考にペース配分表を作成してみました。

大雑把に言って、16km/hで24kmを走りきれば90分だ。

さらに勾配を考慮に入れ、区切りとなるところでのラップタイムを設定するとこの通り。

このペースを守ればリミットまで2分の余裕を持って88分でゴールできる。

これで完璧のはずだ。

fujiHC2014_01_05

ちなみに榛名HCのタイムが57分あたりの人が、富士HCでは90分くらいになるとのこと。

私が榛名を試走した時は63分くらいだったので、計算では富士HCでは95~100分くらいになりそうだ。

もちろんこれじゃあ90分切りは無理。

後は当日のレースの雰囲気でアドレナリンを大放出するしか無いな。

あ、それと参加するには当然お金がかかります。

参加費が10000円と、ヒルクライム大会にしてはかなり高め。

そして交通費や宿泊費や食事代なんかを考えると、大体3万円くらいはかかっちゃう。

ううう、これはかなり痛いな・・・

3万円あればアレもコレも買えるのに~~

でも仕方ない(涙)

出す以上はしっかり結果を求めたいところだ。

続く。