第11回 Mt.富士ヒルクライムに出場した 前日編

前回からの続きです。

s-fujiHC2014_02_01

大会は日曜日なのですが、この大会は前日受付のみ。

なので、土曜日に出発します。

その前に恒例のカゴガク朝練だ、軽く走っていこう。

いつもは意地でも前の人に付いて行くところだけど、今回は自制。

大会前日に脚を使う訳にはいかないし、周りのペースに惑わされない訓練にもなるしね。

s-fujiHC2014_02_02

その後は関越道から圏央道を経て中央道を走り、会場のある河口湖周辺まで。

今は東京都心を通らずに行けるので意外と近いのね。

2時間くらいで行っちゃうんじゃないかな?

そして自分と同じように自転車を載せた車を見かけるとテンションが徐々に揚がっていく。

s-fujiHC2014_02_03

今回は時間があるのでさらに沼津まで足を伸ばしちゃおう。

ここには私の愛する洋食屋「千楽」があるのだ。

足を伸ばすと行っても河口湖から沼津までは一般道で4~50kmはある。

ちょっと渋滞してたので2時間くらいかかっちゃったよ。

s-fujiHC2014_02_04

もちろん注文するのはカツハヤシ(大盛り)だ。

前回食べたのが2008年だから、6年ぶりってわけか。

若いころでさえよっぽど空腹で調子が良くないと頼まなかった大盛り、俺は富士の前にこの山にも挑まなければならない。

s-fujiHC2014_02_05

レース前に食べていいモノじゃねぇよなぁ・・・と思いながらモグモグ。

相変わらずの味とボリューム、最高だぜ!

甘すぎず、酸っぱすぎず、重すぎず、軽すぎず、ここはハヤシは最高に私の好みの味だ。

そして「おいおい、勘弁してくれよ(笑)」って程の分厚さのカツ!

もうね、これ食べただけで「ああ、俺の目的は達成されたよ」と遠い目になっちゃったよ、マジで。

富士山を見て揚がってきたテンションは見事に霧散しちゃった。

s-fujiHC2014_02_06

そして胃袋はぎっちり満タン。

「これ、明日までに消化できるのかな?」なんてことを考えながら山中湖を通って河口湖まで戻ります。

って、装甲車が走ってる!

s-fujiHC2014_02_07

やっぱり2時間くらいかかって、会場である富士北麓公園へ到着。

うぉう、人がいっぱいいる!

ここで別行動で現地入りしたひーくん親子と会った。

やや、これは嬉しい偶然だ、それじゃあ会場を見てまわろうではござらんか。

s-fujiHC2014_02_08

さすがに最大規模の大会だ。

色々なブースが出てて楽しそうだね。

こういうの見てるとあれもこれも欲しくなっちゃう。

財布に現金が入っていると危険でござるよ。

s-fujiHC2014_02_09

お、グリコのサプリが売ってるぞ。

金色と黒は持ってるけど、紫は持ってない。

安いから買っとこう。

本番はこいつの力を借りてタイムを縮めよう。

s-fujiHC2014_02_10

ブラブラしながら受付へ。

ちょっと時間が遅めだったため、待ち時間はゼロ。

さくっと受付完了だ。

s-fujiHC2014_02_11

ひーくんのふっかちゃんジャージは人気者。

知らない人からよく話しかけられるらしい。

でも実はこのオトコ、熊谷市民なのであるが・・・

s-fujiHC2014_02_12

その後は翌朝の食事などを買い込んで宿へ。

それにしても富士山は綺麗だなぁ。

神々しいよね。

s-fujiHC2014_02_13

今日の宿は「民宿いわき」です。

ひーくん親子と私の3人で泊まります。

しかしまぁ、今日は運転時間が長すぎたなぁ。

あまり超距離運転に慣れていない私が今日だけで270kmくらいは走ってしまったよ。

お陰で腰はかなり痛いし足はむくんでいる。

やはり沼津行きは身体的にも胃袋的にもかなり厳しいオプションツアーだったか・・・

明日大丈夫かなぁ?

s-fujiHC2014_02_14

午後6時には夕食。

そして風呂に入り、明日の準備をしたら早めに就寝だ。

何と言っても明日は4時にここを出る予定だからね。

ということで枕投げや恋バナは省略ということで(笑)

続く