GarminEdge500不調:500が帰ってきた!

GarminEdge500のGPSが効かなくなった不調シリーズ第6弾、そして最後です。

送ったのが8月12日、台湾のGarminに到着したのが8月14日。

その後は一切の連絡はなし。

ほんとうに大丈夫なんかな?

s-IMG_6810

何となく不安な日々を過ごす中、8月26日にDHLの包みが到着。

イヤッホゥ、GarminEdge500ちゃんが帰ってきたぜ!

s-IMG_6811

さっそく開けてみると箱が。

こちらからはEMSの封筒で送ったので、これは向こうが用意してくれた箱だね。

ずいぶん大きいな?

何か色々入ってるのかな?

ワクワクしながら開けてみよう。

s-IMG_6812

開けてみると・・・

プチプチに包まれたGarminEdge500が入っている。

他には隙間を埋めるためのプチプチも。

それ以外はなし。

書類も一切なし。

500とプチプチだけ!

日本企業じゃ絶対にこんなことはないよなぁ。

なんともシンプルすぎて心配になっちゃう。

s-IMG_6813

そしてGarminEdge500を確認してみよう。

あれ、画面に貼ってあった保護シールが無いな?

不審に思って裏を見ると・・・

ありゃ、シリアル番号が違うね。

送ったものとは別物になって帰ってきたのか。

外見上、傷や汚れは一切ないから、新品っぽいや。

ネット上では「500はちゃんと修理されて帰ってくる」という話だったけど、私のは例外なのかな?

今度のは故障せずに頑張って下さいね。

さて、あとは費用がカードで落とされるはず。

メールでのやり取りだと、修理費用は無しで、必要なのは返送費の29USDだけとのこと。

でも請求書の類は入ってないし、メールももちろん無いからなぁ。

カードの請求が来るまではまだ安心できないな。