カゴガクの観光ライド:房総味見八軒伝 前編

先日、カゴガクの3人で房総半島ライドに行ってまいりました。

kagogaku8kenden_1_01

今回は銀輪さんプロデュースの「房総味見八軒伝」ということで、房総の八軒の飲食店で舌鼓を打っちゃいます。

くるかめさんの運転で朝6時に熊谷を出発、うみほたるを通り、房総半島の西側の千葉県安房郡鋸南町にある「道の駅きょなん」へ。

到着したのは予定時間を大幅に過ぎた10時半。

今日は天気が良くて行楽日和だったためか、かなり渋滞していましたね。

kagogaku8kenden_1_02

トンビが舞う青い空の下、走り始めます。

外を走るのは6週間ぶりの私だけど、日常生活では問題ないレベルに体力は戻ってきている感じ。

まあ、ちょっとは劣化してるだろうけど問題なかろうと思って走り始めます。

ああ、今日は暖かくて絶好のサイクリング日和だなぁ。

さすがは房総、埼玉とは気温が全然違うよ。

kagogaku8kenden_1_03

海沿いを走るこの気持ち良さといったら!

海無し県民のテンションは上がる一方。

しかし今回はあえてルートも寄る店も聞いていないので、最初の補給ポイントが何km先なのかも分からない。

そこへ来て2人の容赦無い巡航速度!

ついていくのがやっとで、とてもローテーションに加われません。

kagogaku8kenden_1_04

あっという間に脚は売り切れ、半べそをかきながら走ってたどり着いたのは南房総市”海と花とクジラの街”和田浦にある「道の駅WAO!」です。

ぜいぜいぜい、ようやく休めるよ。

ここまで峠超えを含めての40km、ほとんど休みなし。

きっついです。

kagogaku8kenden_1_05

ようやく食事にありつけるよ。

流石はくじらの町とあってメニューにはくじら料理がずらり。

そのなかでチョイスするのはこのくじら給食だ。

kagogaku8kenden_1_06

房総味見一軒目

これはくじらの竜田揚げとコッペパン、スープなど、懐かしの給食を再現したもの。

といっても昔のくじらの竜田揚げとは違って柔らかくてジューシー。

うんうん、美味いです。

ちなみに一日限定10食だけど、我々のほかに注文している人は皆無。

ああ、昔の硬い竜田揚げもまた食べたいな。

kagogaku8kenden_1_07

しかしこんな量ではとても足りないカゴガクの面々。

浜辺で遊びつつも次の店を目指します。

バイクやクリートが砂まみれになるのなんて気にしないぜ。

kagogaku8kenden_1_08

続いてやってきたのは磯魚・地魚定食の店「魚」です。

kagogaku8kenden_1_09

房総味見二軒目

何を食べようかな?

やっぱりクジラがいいなぁ。

さっき竜田揚げを食べたから、今度は刺し身でいってみるか。

kagogaku8kenden_1_10

ツチクジラとミンククジラの刺身定食!

鯨肉は高タンパク高鉄分で低脂肪、更にビタミン類も豊富。

補給食としては最適かも。

kagogaku8kenden_1_11

冷たい刺し身を口に入れるとすーっと溶けていく。

生臭さは全く無く、味や食感は魚の刺し身というより生肉だ。

にんにく醤油で食べるところなんて馬刺しやレバーと同じだね。

そもそもクジラは哺乳類だもんね。

後編に続く