10月のマイナー錬「マイナーサイクリングフェスティバル2015」前編

2015年10月10日、大人気のサイクリングイベント「マイナーサイクリングフェスティバル2015」が開催されました。

マイナーサイクリングフェスティバル2015

s-MCF2015_1_01

大会概要

10月のマイナー錬です。楽しく走って楽しく食べる、今回で2回目(第1回は天候不順でDNS)の大人気のサイクリングイベントです。コースに設定されたマイナー飲食店を巡り、地元の歴史や文化、伝統芸能などに触れたい人は触れて、身体は大人だけど心は子供な人には1日楽しめるコース設定になりました。

http://team-minor.blogspot.jp/2015/10/102015.html

去年の第1回は悪天候のため中止になってしまったマイナーサイクリングフェスティバル(略してMCF)ですが、今年は曇り空ながらも雨は落ちていない。

さあ、楽しく走って楽しく食べましょう。

s-MCF2015_1_02

出発地点は熊谷スポーツ文化公園。

ここは翌日に行われる埼玉サイクリングフェスティバルのスタート地点でもあります。

参加者はhatsuさん、K4さん、ひーくん、Naoさん、そしてツアーリーダーの私。

時間にルーズなマイナーズにしては驚きの時間前全員集合で午前9時に余裕のスタートです。

第1AS「ばらや」

s-MCF2015_1_03

このMCFは近郊を走りながら各地でAS(エイドステーション)で色々なものを食べていきます。

イベントへの参加費は無料ですが、各ASで食べるものは自己負担となります。

第1ASは熊谷市箱田6丁目の和菓子屋さん「ばらや」です。

スタートからわずか3.5kmという近さ、ウォーミングアップも終わっていないのに早くも食べることになるとは。

s-MCF2015_1_04

出来立ての豆大福を頂きます。

上品に巻かれた豆入りの皮はもっちりしつつも歯につかない粘度。

あんこは小豆の粒の食感がしっかり残っていて、小豆そのものの甘さが活きている。

んんん~、これは美味です。

第2AS「花堤」

s-MCF2015_1_05

熊谷から比企丘陵地帯へ向かうために荒川大橋を目指します。

その途中にある五家宝のお店「花堤」に第2ASとして寄ります。

s-MCF2015_1_06

ここでは黄粉をまぶした五家宝に黒蜜をかけて頂く「黒蜜で食べる五家宝」を頂きます。

五家宝の独特の食感に濃厚な黒蜜の甘さ、これも美味しいね。

バニラアイスと一緒に食べると美味しいんだって。

今度やってみよう。

第3AS「くまずだんご」

s-MCF2015_1_07

さあ、荒川大橋を渡って・・・・の前にもう一箇所寄ります。

だんごやまんじゅうのお店「くまずだんご」が第3AS。

走り始めてからわずか30分、走行距離は10km足らず、熊谷から出てもいないのに既に第3ASとは。

補給過剰?

いやいや、百戦錬磨の胃袋を持つマイナーズにはこれでも優しすぎる。

s-MCF2015_1_08

ここのだんごのタレ、醤油がメインのあまり甘く無い系で、私の好みにバッチリど真ん中、理想通りの味。

だんごは店頭に置いておらず、注文ごとに焼いてくれるスタイルです。

親父さんの話を聞きながら焼きたてを頂きます。

くぅぅ、相変わらず美味いです。

s-MCF2015_1_09

ようやく荒川大橋を渡り、比企丘陵地帯へ向かいます。

ずっと曇り空でちょっと肌寒かったね。

第4AS「笹屋商店」

s-MCF2015_1_10

朝練でお馴染みの森林公園周回コースを経て笹屋商店へ到着。

AS直前の直線コースを突発的にスプリント区間に指定したため、メンバーたちは面食らいながら全力疾走をやらかす羽目に。

おかげで全員体が温まりました。

s-MCF2015_1_11

東松山に向かう途中、大岡市民活動センターの風車前で記念撮影を。

なぜここに風車があるのかな?

近くに看板があったけど誰も読まない。

一応「地元の歴史や文化、伝統芸能などに触れる」というお題目があるにはあるんだけどな?

第5AS「やきとり ひびき」

s-MCF2015_1_12

東松山の街中、まるひろ百貨店の横にある「やきとり ひびき」が第5ASです。

甘味系が続いたあとの肉&塩っぱい系に食欲がムクムクと湧き上がる。

s-MCF2015_1_13

「特撰かしら串」「鶏レバー串」の2本をゲット。

やはり肉喰ってる感からしたらカシラが最高だね。

味噌ダレが壮絶に合うな。

レバーも美味しいぞ。

s-MCF2015_1_14

その後は吉見百穴へ。

と言っても外から見るだけ。

ちなみにメンバーはみんな「ひゃっけつ」の世代だ。

ここまでの走行距離は30km。

後半へ続く。