第3回アタック錬【東松山で海鮮丼の巻】

s-IMG_5169

先日のチームマイナーの前期戦略会議で決まったことが

・全員で参加できるようなイベントを探そう

・200km級のロングライドを企画しよう

・アタック錬は5月に開催予定

・レーゼロのゆくえ

などでした。

そのうちのひとつ「アタック錬の開催」を任されたのが私。

早速企画いたしました。

チームマイナーの集会「前期戦略会議」

http://cycle.kagohara.net/2016/04/20780.htm

アタック錬とは

アタック錬とはチームマイナーの活動イベント「マイナー錬」「オペレーション」と並び立つ、爆盛爆食グルメランである。

目的爆盛店に直行して一撃離脱するという単純明快なイベントだ。

脚よりも胃袋に多大な負担がかかるこのイベント、そのあまりの苛酷さにより参加者は心も体もボロボロに打ち砕かれ、いつしか長らく封印されていたものだ。

よってチームマイナーの歴史上、2014年春を最後に僅か2回しか開催されていない。

しかしチームマイナーイベントの3本柱であるはずのアタック錬がこれで良い訳がない!

第3回アタック錬発動

attack20160430_01

ということで快晴の4月30日に第3回アタック錬が開催されました。

この過酷なイベントの参加者はhatsuさん、TOさん、シロクマさん、ひーくん、Naoさん、私の6名。

TOさんとシロクマさんは一緒に走るのは1年ぶりくらいか?

両レアキャラを含めた全員で籠原駅を出発します。

高速巡航で目的店へ

attack20160430_02

新緑が眩しい道を追い風に乗って高速巡航(時速約20,000m/h)するマイナーズ。

目的地まで一気に突っ走ります。

東松山「竹寿司」

attack20160430_03

そして目的地である東松山の「竹寿司」に到着。

「大盛りメニューあります」の旗に期待が高まるぜ。

attack20160430_04

午前11時の開店直後に入店。

全員の空腹度は既にMAXだ。

爆盛りメニュー

attack20160430_05

メニューはこれ。

爆盛りメニューは「こうはく丼」「鉄火丼」「三色丼」の3種類で、量は「大盛り」「1.5倍盛」「2倍盛」となっています。

1.5倍盛りは総重量830g、2倍盛りは1100gとのこと。

今回はアタック錬、当然ながら全員が2倍盛りをオーダー・・・・しない者がいる!?

しかしそれは責められまい。

アタック錬といえども「持ち帰りは胃袋で」は鉄則、DNFは許されない。

フィニッシュできる自信がある者だけがチャレンジするべきなのだ。

ちなみにこのメニューは「食べ残し」「取り分け」は禁止です。

三色丼 2倍盛り

attack20160430_06

そして現れた「三色丼 2倍盛り」がこれ。

高くそびえるねぎとろタワー、その足元には3色の刺身、更にその土台となるのは大量のシャリ!

attack20160430_07

シャリは酢が軽めでみっちりぎっしり詰まっている。

刺身に対してシャリの量が多いので、ペース配分には厳密な注意が必要だ。

全員、黙々と食べ続ける。

シャリアタックがかなりキツイ・・・

まさかのリーダー撃沈!?

attack20160430_08

それでも1名を除いてフィニッシュ。

しかしhatsuさんが止まっている!?

完全にグロッキー、活動限界か?

三色丼はまだまだ残っているぞ?

歴戦の勇者であるリーダー撃沈の危機にメンバー全員がカメラを向け・・じゃなくて心配そうな目を向ける。

だがこの状態から粘り強く食べ続けて見事に完食。

あの時点で箸が止まっていたのでもう無理かと思われたが、それでもコツコツと食べ続けたのは凄まじい精神力だ。

チームマイナーのリーダーを名乗ろということはこういうことなのだぁ!という魂の叫びは確実にメンバーの胸に響いたぜ。

食べている際中に「もうアタック錬はやめようよぉ~」という泣き言を連発していたのは聞かなかったことにしよう。

attack20160430_09

満ち足り過ぎている胃袋を抱えたマイナーズは吉見方面へ。

道の駅よしみで休息

attack20160430_10

道の駅よしみで休息。

天気が良すぎて暑かったね。

いちごミックスソフトで一服しましょう。

attack20160430_11

荒川CRを追い風に乗って熊谷まで帰還。

その後は各自帰路につきます。

今日は風が強めだったけど、行きも帰りも追い風だったのはラッキーだったね。

行きも帰りも向かい風っていうのはよくあるけど、その逆ってなかなか無いよ。

というわけで第3回アタック錬は終了、ミッションコンプリートです。

参加者の皆さん、お疲れ様でした。

さて、この量ならまだまだ余裕か。

となると次はもう少しハードルを上げても大丈夫だな。

次回も企画するので参加よろしくお願いね。

過去のアタック錬

第2回:東大門 アタック錬をしてみるよ 小鹿野の東大門でカツを食べるケモノ編

http://team-minor.blogspot.jp/2014/04/blog-post_13.html

第1回:高半アタック錬をしてみるよ

http://team-minor.blogspot.jp/2014/03/blog-post_29.html

こちらもご覧ください

竹寿司 アタック錬をしてみるよ 海鮮爆盛編

http://team-minor.blogspot.jp/2016/04/blog-post_30.html

マイナーアタック錬 東松山で海鮮丼の巻

http://blogs.yahoo.co.jp/nipetom/20028872.html?vitality