2019年2月のマイナー錬:リベンジ・オリエンタル錬

チームマイナー, マイナー錬マイナー錬, 利根川, 江戸川, 舞浜

先日、チームマイナーによる2019年2月のマイナー錬「リベンジ・オリエンタル錬」が開催されました。


2019年2月のマイナー錬:リベンジ・オリエンタル錬

【内容】
追い風に乗って楽しくナイトライド
熊谷→オリエンタル片道、帰りは輪行

【集合場所・日時】
くまどん→利根川・江戸川CR(110km)
【持参品】
フレッシュの装備
補給食
輪行袋必須(無い人は自走での帰還)
補給食(大事なことなので2回言いました)
【難易度】
コース:★★☆☆☆ レベル2
ナイト度:★★★★★ 寒いぜ
利根川・江戸川CR(110km)

今回は4月のフレッシュに向けたオーバーナイトライド錬。
熊谷から浦安のオリエンタルランドまでの片道走行となります。
ツアーリーダーはひーくんが努めます。



スタート:くまどん前


2月8日(金)の24:00、くまどん前にhatsuさん、ひーくん、オヤカタさん、私が集う。
気温は0度、かなりの寒さ。
そして翌日は関東で大雪が降るとの予報だ。
強靭な肉体も崇高な魂も持ち合わせていないマイナーズには過酷すぎるコンディションだけど、誰も「やめようか?」と言い出せないチキンたちでもある。
ということで、誰もが内心イヤイヤながらも参加です。



0時半ころ、くまどんを出発。
まずは利根川CRを関宿まで走ります。
夜のCRは真っ暗で何もない。
というか昼間でも何もない。
延々と続く暗闇と平坦道、超つまらない。
でも4人のナイトライト装備で走っていると結構明るいね。


休息1:栗橋


午前2時ころ、栗橋あたりではじめての休息を。
といっても持参した補給食を食べるくらい。
止まっている方が寒いのでさっさと走り出します。
防寒対策はしっかりやってきたので、走っているとかなり温かい。
特に靴の甲とシューズカバーの間にカイロを入れたのが効いている。



関宿から江戸川CRを走ります。
個人的には江戸川CRは初めて。
広くてキレイな場所が多く、とても走りやすいです。
それにしてもナイトライドは暇だ。
そしてCRは信号で停まることもないので疲労の蓄積度が高い。
特に首と肩のコリがいつも以上だ。


休息2:築比地


3時半ころ、江戸川CRの築比地休憩所で休憩。
ここはトイレやバイクラックや自販機があって便利。
自転車用空気入れまで配備されています。
ここから海までは約40km。
このペースならあと2時間というところか。
早く終われ、早く帰りたい、早く温かいものが食べたい・・・



おっと、雪が降ってきた。
予報では昼あたりからだと思っていたんだけど・・・
走っていると雪の粒が顔に当たって痛い。
うかつにも雨装備はしてこなかった。
お尻がどんどん濡れていって冷たい。


休憩3:ローソン


5時半ころ、江戸川と旧江戸川の分岐地点付近のローソンで休憩。
補給ポイントはここだけ。
おにぎりとスモークチキンを齧って飢えを凌ぐ。
なんということだ、マイナー錬でありながらグルメポイントが皆無とは!
そして雪はどんどん強くなってきている。
まさかこんな過酷な錬になるとは思わなかったな。



ゴール:オリエンタルランド


午前6時、目的地であるオリエンタルランド前に到着。
雪が舞うなかでの記念撮影、撮れた画像は美しい。
でも実際は「ああ、寒い寒い」「撮った?じゃあ行こう」って感じで情緒ゼロ。
いやほんと寒かったです。



そして舞浜駅で輪行袋に自転車を入れて撤収です。
自転車の各所に氷がついているのが面倒。
ああ、帰ってからのメンテも面倒だな。


サイゼリヤビュッフェ


舞浜駅のサイゼリヤは全国でも数点しか無いモーニングビュフェ実施店。
おお、これが幻のサイゼリヤビュッフェ!
でも宿泊客のみということが判明し、本当に幻に終わったのでした。



お疲れ様でした。
走行距離105km、移動時間は約5時間、昼間の普通のライドの3倍くらい疲れました。
大変だったけど、フレッシュに向けた装備の確認も出来たし良かった良かった。
服装については、いくらなんでも4月は今回より寒いってことは無いだろうから、きっと大丈夫だろう。
ライトなどの装備も大丈夫だ。
今回は補給食を持って走ったのでフロントバッグを使ったけど、本番では持って走る必要はないのでもっと楽かな。

フォローする