フレッシュ 日本橋 2019 チームマイナー 当日編 その3 千倉~浦安ゴール

チームマイナー, 自転車のイベントfleche, フレッシュ, ブルベ, 浦安

2019年のAR日本橋によるフレッシュにチームマイナーで参加しました。
前日編、当日編その1、当日編その2からの続きです。






フレッシュ日本橋2019 チームマイナー



PC7:セブンイレブン館山藤原店


22時45分、PC7に到着です。
ここまで247km、2/3が終了です。



残り9時間ちょっと、しばらく考えてみても長いのか短いのかわからない。
確実なのはこの明太マヨしたらばが超うまいってこと。


ばんやの湯


275km地点の「ばんやの湯」に到着。
24時間営業のこのお風呂、1時間ちょっとくらいはここで休む予定でした。
でもこの時点で0時45分、このペースでは30分も休めないし、休んだら動けなくなりそう。
誰もが「DNFでもいいからゆっくり風呂に入って休もう」と思いつつ、誰も言い出せないままスルー。


PC8:セブンイレブン鋸南保田店


ばんやの湯のちょっと先のPC8に到着。
ここまで276km、時間は0時55分。
夕食も風呂もスルーしてきたのでかなりお腹が減っています。
回鍋肉丼とサラダチキンタンドリー味、それとあんバターフランスパンでがっつり食事を取ります。




ああ、温かい御飯が美味しい。
あまり米を食べていないのでなおさら美味しい。
今回はPC数が多めでPC毎の休息時間も長めに取っているので時間的には厳しいところ。
でもその分こまめに休めるので、体力的には普通のブルベより余裕ができる感じです。




風呂をスルーしたので時間的にはある程度の余裕ができました。
残り100km、トラブルがなければ完走できそうな気がするけど、時間的に眠気が来る頃でもあります。



PC9:セブンイレブン袖ヶ浦今井店


318km地点のPC9に3時45分に到着。
眠気が出てきたので5~10分ほど目を閉じて休みます。
これだけでも随分回復するものです。
その後はエスタロンモカを2錠飲んで出発。




PC9を出た直後にそこそこ強い雨が振り始めました。
これから道路コンディションの良くない工業地帯の16号を走るというのに・・・
絶望感でいっぱいで走りますが、幸いにも雨はすぐにやんでくれました。
でも16号の凸凹道は消耗し尽くしたマイナーズの尻を容赦なく痛めつけてくれました。




夜が明けてきました。
フレッシュのルールでは次のPC10を6時ちょうどに出る必要があります。
もちろん早くても遅くてもダメ。
補給や休息を考えると5時半ころにPC10に到着していたいところです。
メンバーたちはキツそうだけどまだ走れる。
このペースなら大丈夫そうだ。



PC10:デイリーヤマザキ美浜新湊店


そしてちょうど5時半、PC10であるデイリーヤマザキ美浜新湊店に到着です。
ああ、良かった、間に合った!
ここまで347km、9割は終了です。
ここで6時ちょうどのレシートを貰い、最後のゴール地点で8時ちょうどのレシートを貰えばOKです。




予定しているゴール地点まではここから約30km。
それを2時間で走ればフレッシュ完走となります。
でも街中で2時間30kmはそれほど余裕があるわけではありません。
信号、渋滞、パンクなどのトラブルがあったらアウト。
最後の最後で間に合わないなんてことがあったら悲惨すぎます。
減っていく残り距離、過ぎる時間、何度も何度も計算して・・・



ゴール:ローソン浦安見明川店


ようやくゴール!
8時ピッタリのレシートもゲット。
そして今までのPCのレシートがちゃんとあるかをチェック。
通過時刻をカードに記入します。
大丈夫、OK、これで完走だ!



東京ディズニーリゾートの周りでチームマイナーのパレードラン、ウイニングラン、ビクトリーラン。
もう時間も速度も気にしなくていいんだ!
この時は心や身体に張り付いていた氷が全て溶けたような清々しい気分でした。




そして約束の地で記念撮影。
成し遂げたマイナーズ!



ナイスプレイス:日比谷コンベンションホール


その後はナイスプレイス地点である「日比谷コンベンションホール」まで行って手続きをします。
浦安からはウイニングランを含めて約20km。
続々とやってくる他のチームを見て「ああ、フレッシュなんだな」と改めて実感。




必要書類に記入し、カードやレシートと一緒に提出。
しばらくして確認OKをもらい、これで本当に終了です。




その後はホールで各チームのインタビューと記念撮影があります。
疲れていたのでスルーの予定でしたが、なんだか妙にテンションがあがった私、一人で壇上に。

・チームマイナーはブルベ経験の浅いチーム
・ブルベを走ったことがないメンバーも居る
・完走できるとは思っていなかった
・でもなんとか完走できた
・コースは埼玉県民のあこがれである海を堪能できるようにした
・でももう海は見たくない
・他のメンバーは疲労困憊でここには来られなかった

など、あることないことブチかましてきました。
記念撮影もし、最高にいい気分!
でもやっぱり5人で壇上に立ちたかったな。




これでチームマイナーの史上最難関試練であったフレッシュ2019は無事に終了。
完走はとても無理だと思っていたのですが、満身創痍ながらも誰ひとり欠けることなく、パンクなどの機材トラブルはなく、風に恵まれ、見事に達成です。
自分のペースで走ることができる通常のブルベと比べると、フレッシュは他の人に合わせたり合わせてもらったりがすごく大変です。
でもその分、チームの一体感や達成感はブルベの比じゃないと思いました。
良かった、本当に出て良かった。
お疲れ様でした、有難う御座いました。

フォローする