SPD用シューズカバーを作ってみた

s-IMG_8379
私のシューズはShimanoのMT43というMTB用SPDシューズ。
ちょっと重いけど、普通の靴のように歩けるのでとても便利。

s-IMG_8383
でも流石に冬は寒い。
その為にシューズカバーというものがあるけれど、専用品はなかなかお高くてね。
ここはひとつ、自作してみよう。

s-IMG_8381
ということでこういうのを買ってきました。
ホームセンターやワークマンなどに売っている防寒ソックスみたいなもの。
そこそこ伸縮性があるので、大きめのを買えばシューズの外側からすっぽりカバーできる。

s-IMG_8382
さすがに足の裏はこのままじゃダメだ。
SPDのクリートが隠れちゃう。

s-IMG_8384
その部分はハサミで切り抜いちゃおう。
ちょっきりりん。

s-IMG_8385
これをシューズにすっぽりかぶせてしまえばいいね。
お、ピッタリだ。
かなり温かいし、風も防ぐ。
さらにもともとサイズに余裕があったこのシューズが適度に圧迫されてフィット感アップ。
いい感じだ。

s-IMG_8386
クリートもこの通り。
ただしこの自作シューズカバー、歩くときに足の裏はそのまま地面に接するので、そのうち擦れてきちゃう。
でも1シーズンは余裕で持つよ。
700円程度で買えるし、使い捨て感覚でも全然オッケー。

でもまだ気温が低い日は冷たいぞ。
そうだ、中敷きも改良してみよう。