ザリガニって喰えるの?ライドで印旛沼へ

先日、銀さんから「ザリガニを喰いに行くんだけど一緒に行きませんか?」とお誘いのメールが。

ザリガニってあれだよな?

子供の頃、沼地なんかで釣ってたやつだよな?

信玄イカなんかを餌にしてた気がする。

え、あれって食べられるの?

ということで早朝に出発、利根川を延々と下ります。

この季節は両脇の草が伸び放題。

バッタミサイルの時期も近い。

渡良瀬遊水地を越えたあたりでは路面はビチャビチャ。

つい最近まで降ってたんだろうなぁ。

お陰様で自転車もウェアもドロドロです、ハイ。

この自転車、最近ピカピカにメンテしたのに(涙)

しかしまあ、脚が重いな・・・

と思ってたら後輪がパンクしてた。

おいおいおい、買ったばかりのIRCのX-GUARD 25cちゃん、もうパンクですか(涙)

いや、ここは「X-GUARDじゃなかったらバーストしていた、ラッキー!」と考えるべきだな。

シーラントを入れて空気を入れ直し、なんとか走ります。

慣れない利根川CRで迷い迷い走ります。

事前にルートなんかチェックしてないぜ。

パンクがシーラントでもなかなか塞がらない。

走っているうちに空気が抜けるのでちょくちょく空気を補充しないといけない。

そして重いタイヤを変な踏み方で回していたら膝が痛くなってきた。

半泣きで走り続け、ようやく印旛沼に到着。

目的のザリガニは近いようだ。

うなぎの匂いが立ちこめる街道を走ります。

ちょうど昼食時だったので本当にうなぎの匂いばっかり。

これは非常に非常にケシカラン香りですよ!

その通り沿いの「名鳥」に到着、ここでザリガニを喰うぜ!

しかし無情にも売り切れのお知らせ。

私のパンクおよび巡航速度低下で間に合わなかったか・・・

ちなみに商品名は「エビガニ」のようです。

茹で上がった真っ赤なザリ・・・じゃなくてエビガニが大皿にこんもり盛られて運ばれていくのを恨めしく見送る。

それじゃあうな重を頂きましょう。

やっぱりうなぎは美味いよなぁ。

いつまでも食べられるといいんだけど。

その後はいろいろあれこれで帰宅。

お疲れ様でした。

今回は反省点が多いな。

9月の金精峠のブルベが心配になってきたよ。

それ以前にバーニングマンレースもあるじゃないか。

問題点を洗い出して対策をせねば。

それはそれとして、ザリガニは是非ともリベンジしましょう!

踏んだり蹴ったりのライドでしたが、最近買ったこのサーモスのボトルは凄く良かった。

氷を入れておけばずっと冷たいドリンクを飲めるのは有難すぎる。

もう普通のボトルを使う気には一切ならないね!