第11回 Mt.富士ヒルクライムに出場した レース本番編 その1

前回からの続きです。

s-fujiHC2014_04_01

さあ、スタートだ!

計測開始地点である富士スバルライン料金所前までの約1.3kmはパレード走行区間。

できるだけ軽いギアでケイデンスを上げ、心拍を高めよう。

この交差点を曲がれば計測開始地点はすぐそこだ。

s-fujiHC2014_04_02

ここが計測開始地点。

みんな一斉にスピードアップ!

スピーダップ!

ミッソー!

アプシャン!

元祖グラディウスのBGMが脳内に響き渡る!

そして心拍は早くも90%超え。

っと、興奮し過ぎか!?

s-fujiHC2014_04_03

料金所に到着だ。

人数が多すぎるとここで渋滞することもあるらしいけど、今回はスムーズに流れてるね。

s-fujiHC2014_04_04

スタートから5分。

脚は良い感じで回っている。

筋肉への余分な負担は全く無し。

いいぞ、いいぞ。

ただやっぱり暑いな・・・

s-fujiHC2014_04_05

スタートから19分33秒で最初の目安である5km地点を通過。

チャート表をみると20分23秒なので、ここで50秒の貯金ができている。

ちょっと心拍数が高いので、ちょっとペースを落としていこう。

しかしまあ、風景が全然変わらないから、コース的には面白味には欠けるね。

s-fujiHC2014_04_06

一合目(5.6km)地点を通過。

路上の人数は多いけど、みんな同じようなペースだから渋滞感はない。

そしてここまでが斜度的に一番キツイと言われている。

しかし、足に全く負担をかけずに登ってきたため「あれ、こんなもんか」ってところ。

一週間前に秩父高原牧場に行ったのから比べれば楽チンだ。

はっ、あのコースは俺のために組まれていたのか!?

s-fujiHC2014_04_07

二合目(9.0km)地点を通過。

人数が多いから、抜いたり抜かれたりがすごい数に。

でも別に順位を競ってるわけじゃあない。

他人のペースに惑わされずに、自分のペースで淡々と登るだけさ。

ここまでがスタートから34分34秒。

目標タイムは35分10秒だから36秒の貯金だ。

わざとペースを落としているにも関わらず、貯金が減るとドキッとしちゃうよね。

s-fujiHC2014_04_08

37分47秒で10km地点を通過。

斜度的にキツイところは無いので、序盤に比べると速度は上がっている。

目標タイムは38分38秒なので、貯金は51秒。

お、貯金が増えてるな。

この時点でもペースはかなり余裕がある。

それにしても暑い・・・

できるだけ日陰を走るようにしたよ。

s-fujiHC2014_04_09

10.5km地点に給水所、そして第一関門。

でも走っているときは給水所に全然気が付かなかったよ。

気づいたら水をもらって頭からかぶったのになぁ。

s-fujiHC2014_04_10

お、なんだか見覚えのあるオレンジ色の自転車とジャージだな?

もしかしてあの人かな?

s-fujiHC2014_04_11

間違いない、shimaさんだ。

しばらく後ろを走ってたら気がついてくれました。

s-fujiHC2014_04_12

少々お喋りしながら走ります。

ずっと黙々と登ってきたので、こういうことがあると凄く嬉しいし、気分転換にもなるね。

s-fujiHC2014_04_13

しかし、しばらくするとshimaさんに置いて行かれる。

どうしようか?

付いて行くべきか?

いや、あくまで今回はチャート表に従ってペースを守ろう。

s-fujiHC2014_04_14

三合目(12.8km)通過は48分49秒。

目標タイムは50分16秒、貯金は87秒。

貯金がどんどん増えていくぞ。

しかも心拍も落ち着いてきたし、脚への負担は相変わらず無い。

このまま行けば85分位でゴールできるんじゃないか?と欲が出てきちゃう。

それにしても半分過ぎていると思うと心はちょっと軽くなるね。

s-fujiHC2014_04_15

57分30秒で15km地点を通過。

目標タイムは57分12秒、貯金はマイナス18秒!?

三合目からのわずか2.2kmで一気に赤字に転落だって!?

いや、そんなはずはないぞ!?

アベレージも落ちていないのに・・・

な、何故・・・(汗)

続く。