「あついぞ!熊谷 バーニングマンレース2014」参戦記

2014年7月26日にくまがやドームで行われた「バーニングマンレース」に出場してきました。

タダでさえ暑い熊谷の一番暑い時期にやるというイカれたレースは今回で3回目。

私は第1,2回も出場しているので皆勤賞なのです。

s-IMG_5829

午前6時過ぎ、会場に入ります。

s-IMG_5830

タープやチェアを設営するものの、もう既に暑いよ・・・

この日の最高気温は36度。

スタジアム内はそれ以上の気温です。

もうね、水分を取っても取っても汗で出ちゃう。

スタート前に赤コーラだけでも1リットルは飲んじゃったよ。

こんな日にレースをするなんてイカれていますなぁ。

s-IMG_5231

1,2回はチームで出たので、3回めの今回はソロに初挑戦です。

3時間、1人で走り切らなくてはいけません。

一緒にソロで走るのはカゴハラウォーカーズのくるかめさんとJ.Massさん、それと銀輪さん。

チームマイナーは3時間チーム部門を2チームで出場です。

なんとか全員でチカラを合わせ、3時間を乗り切ろう。

そのためにしっかり練習してきたもんね。

s-vlcsnap-2014-07-27-11h35m03s109

8時45分スタートです。

最初の1周とちょっとはゆっくり走るローリングスタート方式。

とはいえ、狭いコースでこの人数、けっこう危険。

メンバーは全員いるか?

はぐれてないか?

s-vlcsnap-2014-07-27-11h36m45s137

いよいよ本格スタート。

一気に速度が上がります。

しかし各走者の速度はまちまちのため、抜いたり抜かれたりでとても危険。

一応、遅い人は右側を走ることになっているけど、そんなの最初の時点でグタグタだ。

そしてトレインはあっさりと崩壊。

レースの序盤は人が多すぎるので、先頭以外ではトレインの維持は極めて難しいよね。

s-vlcsnap-2014-07-27-11h37m47s33

ave36,37,38,39km/h・・・平均速度はグングン上がっていく。

「最初の一時間は我慢」「心拍は80%を超えたら先頭交代」なんて言葉はとっくの昔に霧散。

それどころじゃない!

とにかく遅れないように必死に喰らいつく。

s-vlcsnap-2014-07-27-11h42m14s157

そして最初の2周でビデオカメラHDR-AS15のスケルトンフレームのマウントが壊れて撮影不可に。

このスケルトンフレーム、固定する爪が弱くてあっさり壊れちゃう。

これを作った人は耐久テストしたのか?(怒)

そもそもHDR-AS15自体も電池の固定が甘く、カタカタして撮影中の落ちることもある欠陥がある。

ああ、新型のHDR-AS100が欲しい・・・

s-IMG_5233

ということでここからはイメージ画像で。

このレースは酷暑の中行われるため、一定上の回数のピットインが義務付けられています。

3時間ソロは最低3回ピットに入らなければいけません。

ということでスタートから45分で最初のピットイン。

ここで温くなったボトルのドリンクを冷たいものにチェンジだ。

華麗にドリンクを渡してくれるカゴガールは・・・・いない。

自分で全部やらないと(涙)

s-IMG_5304

スタートから1時間が経過。

ここまでの平均速度は36km/hくらい、平均心拍は90%だ。

これは明らかに自分の実力以上のオーバーペース。

さらにこの暑さだ、これじゃあ3時間は持たないだろうな。

s-IMG_5314

そんなことを考えながら走っていたら左膝裏に違和感が。

やばい、攣りそうだ!

ピクピク痙攣が始まっているぞ。

こうなると選択肢は3つだ。

1.明日は仕事だ、ここは大事を取ってリタイヤ

2.玉砕覚悟!このまま全力で走って行ける所まで行く!

3.まあ落ち着け、適度にペースを落として様子を見よう

s-IMG_5286

走りながら色々考えているうちに、消去法的に3に落ち着く。

ここは無理せずに速い集団から離脱し、ペースを落としながら回復を待とう。

平均心拍を80%ほどに落ち着かせ、無理をしないで走っていく。

そんなこんなで約40分走り、さらに2回めのピットで充分に休息するとなんとか回復してきたぞ。

まだ走れそうだ。

s-IMG_5234

残りは約1時間。

少し強めに踏んでも脚は問題ない。

これならペースを上げても大丈夫そうだ。

デヤァァァァァァ!!!!

残った体力を全て吐き出すべく走る走る走る!

s-IMG_5337

そして3時間。

ようやくゴール!

長かったようで短かった3時間が終わりました。

はぁ~、終わった~

s-IMG_5338

結果は・・・まあ、後で確認すればいいや。

スマホは無いし、貼りだされているはずのリザルトを見に行く元気もないもんね。

事故なく怪我なく走りきったことにとりあえず満足だよ。

さあ、撤収、撤収。

s-IMG_5841

走っている最中や走り終わった時は「もう絶対に出ねぇ!」と思ったけど・・・

一日経つと「まだ伸びるんじゃね?」「もっと行けるんじゃね?」と思っている自分がいるんだよね。

バカだよね、苦しかったことはすぐに忘れてさ、いつの間にか楽しかったことになっちゃってるんだもん。

s-IMG_5340

それにしてもこのバーニングマンレース、過去2回に比べて一段とガチ度が上がっている感じ。

過去のリザルトを見てもどんどん平均時速があがってる。

こりゃあ次回はもっと厳しい戦いになるんだろうな。

IMG_5834

しかしまあ、富士HCに続いてまたしても足を攣ってしまったのは大問題。

これは反省して対策を練らないと。

ドリンクやサプリの見直し必至だね。

s-IMG_5219

そしてこのバーニングマンレースは私が自転車にハマるきっかけになった、個人的には思い入れのあるレース。

第一回に出なければ、こんなにハマることも無かったと思います。

となれば今の自転車仲間に会う事もなかったはずだし、「もっと強くなりたい!」と思うことも無かったはず。

機会を作ってくれたバーニングマンレースと一緒に走ってくれた仲間たちに感謝します。

さて、とりあえず次は赤城HCか。

そしてその次はもてぎエンデューロもある。

まだまだレベル上げをしていかないとな。

過去の記事

第1回

あついぞ!熊谷 バーニングマンレースに出たぜ! 前編

http://kagoharawalker.com/2012/07/11656.htm

あついぞ!熊谷 バーニングマンレースに出たぜ 中編

http://kagoharawalker.com/2012/07/11672.htm

あついぞ!熊谷 バーニングマンレースに出たぜ 後編

http://kagoharawalker.com/2012/07/11687.htm

第2回

籠原歩人自転車部「あついぞ!熊谷 バーニングマンレース2013」参戦記 その1

http://cycle.kagohara.net/2013/07/17024.htm

籠原歩人自転車部「あついぞ!熊谷 バーニングマンレース2013」参戦記 その2

http://cycle.kagohara.net/2013/07/17027.htm

籠原歩人自転車部「あついぞ!熊谷 バーニングマンレース2013」参戦記 その3

http://cycle.kagohara.net/2013/07/17030.htm