第11回 Mt.富士ヒルクライムに出場した 当日・スタート編

前回からの続きです。

s-fujiHC2014_03_01

いよいよレース本番。

午前3時半に起き、朝食を摂り、支度をします。

そして4時20分ころに宿を出て会場へ。

朝焼けの空に浮かび上がる富士山がとても美しい。

s-fujiHC2014_03_02

富士山が赤く染まってきた。

惚れ惚れしちゃうね。

そうこうしているうちに駐車場へ到着。

s-fujiHC2014_03_03

4時40分、駐車場に到着。

駐車場は10ヶ所くらいあるけれど、どこに停めるかは事前に指定されています。

今回の私の駐車場は「ドギーパーク」というところで、ここで準備をして会場まで自走します。

この駐車場は会場まで1kmくらいで、途中にアップダウンはなし。

そして駐車場がどこになるのかは完全な運。

ハズレ駐車場の場合、会場に行くまでに疲れちゃうとかもあるらしい。

s-fujiHC2014_03_04

5時20分、会場に到着。

会場内をインナーローで走り回って軽くウォーミングアップ。

そして下山用の荷物を預けます。

これは6時10分がタイムリミット。

s-fujiHC2014_03_05

6時ちょうど。

人が多くなってきたので会場内を走るのはお終い。

でも暇なので会場内をブラブラ。

各ブースはオープンしているので、時間を潰すのには苦労しない。

しかし今日は暑いなぁ。

日陰は涼しいけど、日向は明確に暑い。

スタート前なのに疲れてきた・・・

s-fujiHC2014_03_06

6時20分。

私は申告タイムを90分で申し込んだので、第6ウェーブとなりました。

ウェーブごとにスタート時間が決められており、順次スタートとなります。

そして第6ウェーブのスタートは7時35分。

まだまだ時間があるな。

s-IMG_4523

6時30分。

第6ウェーブの待機場所は日陰なので寒い。

競技場のグラウンドで日向ぼっこしていよう。

そしてちょっとお腹が空いてきたから自家製エナジーバーをムシャムシャ。

ミューズリーとミックスナッツ、ドライフルーツとマルトデキストリンを混ぜたものを、マシュマロとブラックチョコレートを溶かしたもので固めたもの。

市販されているエナジーバーなどと同程度のカロリーになっています。

ちなみに今回のドリンクも自作スペシャルブレンドエナジードリンクだぜ。

うん、ウマイウマイ。

それにしても暇だな~

ストレッチも飽きたしな~

この時の私の様子はこちら。

第11回 富士ヒルクライム当日編 (とりあえずひー)

http://blogs.yahoo.co.jp/nipetom/18417909.html

s-fujiHC2014_03_07

6時50分。

どうやら開会式をやっているらしい。

といっても第6ウェーブは競技場の外で待機。

なんだか仲間外れ感が漂っているね(笑)

それでもここから様子は見えるし、音も届くのでまだマシ。

第7ウェーブ以降はもっと仲間外れの場所みたいだ。

そして気温はどんどん上がっていく。

s-fujiHC2014_03_08

7時15分。

すでに第1,2ウェーブあたりはスタートしている。

第6ウェーブもスタート地点までのろのろと移動開始。

あと20分でスタートかぁ。

なんだかドキドキしてきた。

隣にいた千葉の60代の方と少しお喋りして緊張をほぐす。

今回はリハビリで久しぶりに出場とのこと。

場合によちゃあ、私の父と同年代か。

スゴイな!

s-fujiHC2014_03_09

7時34分。

いよいよスタート1分前。

ウェーブは5分毎にスタートだけど、各ウェーブ500人くらいいる。

なので、ウェーブの後ろのほうだとスタート渋滞が大変らしい。

計測開始地点に着く前に5分後にスタートする次のウェーブに追いつかれちゃうなんてことも。

だからそれが嫌な人はできるだけウェーブの前の方に位置しておくべきなんだって。

たまたま前の方にいて良かった。

s-fujiHC2014_03_10

っと、スタートだ!

計測開始地点は富士スバルライン料金所前。

スタート地点の富士北麓公園を出て、そこまでの約1.3kmはパレード走行区間。

ここではなるべくケイデンスを上げてウォーミングアップに努めよう。

それにしても暑い!

この時間で20度を超えているよ。

ちなみに富士山麓の6月上旬の平均気温は約16度。

そして今日は30度を超えるらしい(汗)

続く