ブリジストン「レベナ」 チェーンリング交換

revena01

ブリジストン「レベナ」はとても軽くて走りやすい、その上かっこいい自転車です。

が、変速機がなく、ギア比も小さいため、早々に速度に不満が出るのが問題点があります。

デフォルトのギアはフロント28Tのリア16Tでギア比は1.75、これはオトナのロードバイクで言うとフロント50Tのリア28Tよりも軽いことに。

それじゃあ前に進みませんわな。

revena02

ということでギア比を変更してみよう。

リアを変えるのは非常に難しそうなので、フロントのチェーンリングをクランクごと交換します。

ゲットしたのは「リンエイ Wガードギヤクランクセット 36T ブラック(127mm)」、2500円くらいです。

その名の通りクランク長127mmの36Tとなります。

revena03

っと、歯数が増えるからチェーンの長さが足りなくなるのか。

チェーンも交換しないといけない。

ホームセンターで2000円くらいの防錆チェーンを購入。

revena04

元のアルミ製クランク&チェーンリングに比べるとかなり重いな。

でもこれでフロント36Tになったため、ギア比は2.25にアップ。

これはフロント50T&リア22Tあたりに相当します。

revena05

インストール完了。

チェーンカバーは使えないので外しちゃいます。

revena06

あ~、チェーンの色が合わないな。

黒いチェーンにしとけばよかったと後悔。

revena07

チェーン引きでリアホイールを後退させたため、リアブレーキの引きしろの調整が必要です。

それに気が付かずに「ホイールの回転が渋くなった!」と悩んでいた所、たまたま来た銀さんが一発で見抜いてくれて助かりました。

revena08

左クランクは軽さを少しでもキープするためにデフォルトのものを使用します。

Qファクターの左右バランスが少々怪しいけど我慢。

走ってみるとスピードアップしてていい感じですね。

巡航速度が上がってもう少し遠くに行けるようになるな。

なお、クランクセットは36Tの他に40Tもあります。

ギア比は2.5、フロント50Tリア20Tに相当します。

36Tでも不満が出るようになったらもう一度チェンジかな。

サイズ的に不満が出るようならステムやハンドルやシートポストの交換も考えよう。

せっかくの良い自転車、少しでも長く使いたいものです。

でも改造費用が車体価格を超える日が来るかも・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リンエイ(株) 『SPF-36_127B』SPF-36 Wガードギヤクランクセット 36T ブラック 127mm [199-20011]
価格:1870円(税込、送料別) (2016/10/3時点)