「あついぞ!熊谷 バーニングマンレース2017」参戦記

2017年7月29日にくまがやドームで行われた「バーニングマンレース」に出場してきました。

このレースは今回で6回目。

私は第1~5回も出場しているので皆勤賞です。

地元開催だし、自転車に乗り始めて初めて出たレースがこのバーニングマンレースなので、個人的にはとても思い入れがあるのであります。

毎年毎年灼熱の太陽の下でやるこのレース、今年はなんだか曇り空。

確か去年も同じような天気だったっけな。

灼熱の太陽無しのバーニングマンレースというのは気分的には盛り上がらないけど走るには楽。

2014年と2015年は3時間ソロ、去年は自転車2時間+ランニング6kmで参加したんだけど、今年は3時間ソロのカテゴリーがない。

なので銀さんと5時間(前半3時間と午後2時間の合計)チームで出場です。

まずは前半3時間の部。

スタートはレース経験豊富な銀さんに任せましょう。

1.5時間で交代の予定なのでしばらくは見学。

銀さんも快調に走っている。

交代して私の出番。

久しぶりのレースでイマイチ感覚がつかめない。

考えてみればレースは1年前のバーニングマン以来だし、チーム戦は一昨年のもてぎエンデューロ以来かな?

それでも走っているうちに感覚は戻り、アドレナリンは大放出、心拍は普段の練習では出ないような値に。

速いトレインで上手くローテーションもこなせた感じ。

でも自分の限界の強度ギリギリで先頭を牽く回数が多かったため、筋力の消耗はいつものバーニングマン以上だ。

その結果、足の攣りがヤバイ感じに。

トレインからは脱落し、アベレージは落ちていく。

まずい、このままでは午後は走れなくなる。

結局、午前のラスト15分は銀さん予定外の出走。

申し訳ない、お願いします。

午後の2時間のスタートは再び銀さん。

1時間で交代となります。

1時間後、交代して走り出します。

今度は絶対に最後まで走りきらなければならない。

脚のダメージはあるけれど、無理な力みはしないように回します。

右足が攣りそうになると左足が回復し、左足が攣りそうになると右足が回復し、なんとか1時間走り切りました。

そんなこんなで今年のバーニングマンレースは終了しました。

久しぶりのレースはやっぱりキツかった。

走行アベレージはちょっとだけど過去よりも上だったけど、2時間ソロや3時間ソロと比べての値だから胸を張れるもんじゃあない。

やはりちゃんと強度を上げて外を走らないとダメですね。

そして何と言っても午前のラスト15分を走らなかったことに大きな後悔が。

「午後に影響しちゃう」「銀さんに任せればいいか」と心が折れてしまった。

今考えれば、あとたった15分なら走れたはず、走るべきだった。

ちなみに最終順位は撤収作業後にも張り出されてなかったので未確認

スマホ等で確認できるラップ速報なんかは調べてもわからなかったな。

という訳で、銀さん、お疲れ様でした。

そして応援に来てくれたチームマイナーのメンバーたちに感謝です。

さて、次はBRM902チャレンジ金精峠か。

しっかり準備しよう。

※画像の一部はひーくん提供のものです