第18回 CSC5時間耐久チームサイクルロードレース大会 後編

前編からの続きです。

CSC18th_02_01

CSC18th_02_02

その後も計画通りに周回を重ねていくチームマイナー。

しかしまあ走り終わって交代したメンバーの消耗ぶりは凄まじい。

みんなクッタクタのヘロヘロだ。

いかにこのコースが過酷かが分かる。

CSC18th_02_03

私の2回めの出番がやってきた。

時間はちょうど正午あたり、雲がなくなり晴天になり日差しが痛く突き刺さる。

気温はグングンと上昇、1回めよりも圧倒的にキツイ。

2周目が終わった時点でバテバテ、「もう交代してもらおうかなぁ」と弱音が頭のなかをグルグルしている。

3周目でふくらはぎがピクピクし始める。

4周目は下りで遅い人が前にいて、どうしても抜けなかったためにタイムが遅くなったけど、お陰で少し休めた。

5周目はもう「これが終わればもう走らなくていいんだ!」と気力だけで走った。

CSC18th_02_04

そして最後はhatsuさんに託して交代。

かなりキツそうだけど残り時間はもう少し。

なんとかトラブル無く走りきってくれ・・・・

CSC18th_02_05

そしてタイムアップ。

合計25周を走ってゴール!

CSC18th_02_06

やるだけはやった、あとはリザルトを待つのみ。

CSC18th_02_07

そして結果は・・・・

表彰台&金メダル!

やったぜ、優勝だ!

CSC18th_02_08

ここで解説。

このイベントは特筆すべき点があります。

それはカテゴリーが性別と人数で細分されているということ。

まずは「男子」「女子」「混合」で分けられ、それぞれがさらに1~5人で分けられます。

その全てのカテゴリーの1位から3位までが表彰対象です。

更に総合優勝とカテゴリー別優勝は重複しませんので、最大で43チーム、138人が表彰台に登れる可能性があります。

例えば女子はそもそも出場人数が少ないので、カテゴリーによっては「参加するだけで優勝」なんてこともありえます。

CSC18th_02_09

ということでチームマイナーはカテゴリー別(混合4人)で1位。

ミッションコンプリート!

目的は見事に果たされました。

CSC18th_02_10

レースで消耗した身体に良質なタンパク質と炭水化物を補給しなくてはならない。

ということで勝利のお祝いは千楽のカツハヤシ

今宵のカツハヤシは一段と格別にてござる!

それでは今回のレースのまとめ

・コース上にそれほど人数がいないので比較的走りやすかった

・暑いので頭からかける水用のボトルが欲しかった

・アップダウンばかりなのでトレインを組む必要はほぼ無し

・なので3周程度でバンバン交代していったほうが効率は良さそう

・周回しているとゴール前の坂よりもスタート後の坂の方がキツイと感じた

・登りの終わりと下りの終わりはガッツリ踏んで加速すべし

・炎天下のバーベキューなんて金を貰ってもやりたくねぇな

・表彰台に上れるチャンスなんてそうそう無いけど、うまくカテゴリーを狙えば・・・

・弱ペダではここを4日間で200周か・・・絶対ダメ・ムリ・ヤダ

・しかも今泉君は固定ギア?いくらなんでも酷すぎる・・・

というところでしょうか。

今回は皆さんのお陰でキツいレースを楽しめました。

ありがとうございました。

お疲れ様でした。

Team Minor

伊豆半島&修善寺CSC5時間ロードレースを走ってみるよ

http://team-minor.blogspot.jp/2015/07/5.html

とりあえず ひー

マイナー伊豆ライド 合宿編

http://blogs.yahoo.co.jp/nipetom/19453002.html