ツールド妻有2015に行ってきました その1

平成27年8月23日、ツールド妻有2015に行ってきました。

ツールド妻有とは

TOUR DE TSUMARI(ツールド妻有)は、新潟県妻有(十日町市・津南町)地方で、3年に一度開催される現代アートの祭典「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」において、建築家伊藤嘉朗氏が、2006年に企画・発案されたサイクリングイベントです。

伊藤嘉朗氏は、美しい里山の風景やアート作品、建築作品などを楽しみながら自転車で巡るアートツアーとして、移動そのものを作品のテーマにしました。

2006年以降、伊藤嘉朗氏を中心に、地元の大勢の皆さんのご協力のもと、毎年開催されており、2009年と2012年は「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の開催年であり、芸術祭の公式イベントとして開催されました。

http://tdtsumari.appspot.com/

というものです。

tsumari01_01

まずは前日の22日。

一週間前の天気予報では晴だったなんだけど、台風の影響で天気予報は悪くなる一方。

そして朝練に行く時点でこの天気。

こりゃ厳しいなぁ。

tsumari01_02

今日はステムを低く長くした2号機で朝練。

バーテープも赤にしてちょっと派手になりました。

tsumari01_03

ついでに摩耗しすぎたクリートも交換。

こちらもちょっと背伸びして青に。

tsumari01_04

3周目に全力でアタック。

心拍95%という見たこと無い数値を出すものの、がっちりベストタイムを更新。

うん、ステム交換はバッチリ当たった感じだね。

その代わり心臓はバックバク、脚はパンッパン。

もう走れないくらいに体力を消耗しちゃった。

でもこれ、明日までに回復するんかいな?

tsumari01_05

そうこうしているうちに晴れてきたぞ。

これならツールド妻有も大丈夫かな?

tsumari01_06

朝練後に仕事を急いでこなし、終わり次第出発。

関越道を北上します。

空は晴れ、気温は上がり、気分は高まってきた。

でもあっちの山の上の雲が分厚いのが気になるな・・・

tsumari01_07

と思いながら関越トンネルを抜けたら土砂降りだよ~

気分は一気にしぼむ・・・

tsumari01_08

そして午後5時半頃、道の駅クロス10十日町に到着。

ここで同じイベントに出場するひーくんと待ち合わせです。

受付を代わりにやってもらって有難うございました。

tsumari01_09

ちょうど夕食の時間だ。

せっかくなので街をぶらぶらしてみよう。

あーでもないこーでもないと駅の方まで歩き、なんとか見つけたのが「タナカクマキチcafe」と言うお店。

なんだかオシャレ系だけど、店頭のメニューを見てピンときました。

tsumari01_10

それがこれ「つなんポークのブタ薔薇定食」です。

うは、お洒落なカフェらしからぬ、がっつり肉メニュー!

コレ以外にも「塩豚ガーリックごはん」「つなんポークの焼き肉ドリア」「つなんポークのチャーシューエッグ丼」など、ご飯x肉メニューは充実。

tsumari01_11

うはっ、うはっ、うはっ!

甘辛く焼かれた豚バラがたっぷり!

美味いっす!

ちなみにここ、女性客が一人で来てるようなお洒落なカフェです。

我々おっさん2人は完全に場違いです。

でもこのメニューです。

tsumari01_12

お腹いっぱいになったので道の駅に帰ります。

2015年は3年に一度の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の開催年なので、街中にはアートがたくさん。

普通の路地もこのとおり。

tsumari01_13

さて、後は明石の湯でひとっ風呂浴びて寝るとしましょう。

ここは道の駅に併設されているので非常に便利です。

tsumari01_14

tsumari01_15

そして明日着るジャージのチェック。

さっきも書いたとおり、2015年は3年に一度の「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の開催年です。

毎年行われているツールド妻有ですが、これが開催される年にはオリジナルジャージが参加賞となります。

全員がコレを着て走ることが芸術なんです。

サイズはLかMで迷ったけどMをチョイス。

171cm63kgの私、ピッタリでした。

tsumari01_16

それとオリジナル手ぬぐいも入ってました。

これもしっかり身につけて走ります。

さて、今日は車中泊。

早めに寝ましょう。

夜の時点で雨がしとしと降ってるため、明日の天気がすごく不安。

でもここまで来たら気にしても仕方がないね。

その2へ続く。