BRM1024埼玉600kmアタック日本海 後編

前編からの続きです





BRM1024埼玉600kmアタック日本海 後編

はなぞの食堂


昼食の予定店としてチェックしておいた「はなぞの食堂」ですが、このペースではゆっくり食べている時間はなさそう。
ここは無念のスルー。




上の方は紅葉していてキレイでした。




登りのキツさも忘れる景色。



三国トンネル


13時半、ようやく三国トンネルに到着。
ここがピークで、トンネルの中は下り坂になります。
ああ、やっと坂が終わった!
でも帰りはこの中を登らないといけないのか・・・




たった1.2kmのトンネルを抜けるとそこは別世界でした。
空はどんより曇っており、気温はわずか10度。
寒い寒い寒い寒い。


TP3:道の駅みつまた


14時。
小雨がぱらつく中、道の駅みつまたで休息。
ここは足湯や温泉施設などもあります。
足湯に浸かったら立ち上がれなくなりそう。




ここで昼食を食べよう。
モツ煮丼でエネルギーと元気を再チャージ。
プニプニとかプルンプルンとは全然違う、ホロホロの食感が新鮮。
味は唐辛子の辛さが全面に出たもので、これまたこっちのもつ煮とは系統が違います。
国が違うともつ煮もこんなに違うのか。




その後は本降りになった雨の中をひたすら走ります。
途中のおにぎり屋さんで補給の予定だったけど超行列で諦めた。
TP1で買っておいた酒饅頭(みそ餡)を取っておいて良かった。



PC2:今泉簡易郵便局


17時、PC2の今泉簡易郵便局に到着。
ここまで195km、経過時間は10時間半。
ここは事前に出されたクイズに回答することで通過チェックとなります。
相変わらずの雨、そしてもう暗い。




しばらく何もない道を走り続けます。
適当なところで補給しようと思っていたけど、その適当な場所が全然ない。
その上アップダウンが続くので脚も心もどんどん消耗していく。
暗い、そして寒い。
歯の根が合わずにガチガチしてきた。




18時40分、ようやく見つけたコンビニで休息。
温かいカップラーメンが美味いこと美味いこと!



その後もアップダウンが続く道を走ります。
雨&暗い知らない道を下るのはめちゃくちゃ怖い。
そしてやっぱり寒い。
雨対策の装備はバッチリだったけど防寒対策は足りなかったようだ。
新潟の寒さを舐めていた・・・



鼻水は流れ続け、喉が痛くなってきている。
まずい、これは絶対に風邪を引く。
ペースが上がらないから休息時間もあまり取れそうにない。
そしてまた三国峠を越えなければいけないのか。
寒い、暗い、雨うざい、これ以上走りたくない、帰りたい、横になりたい、風呂に入りたい・・・



心のなかでひたすら泣き言を言い続けて走った250km地点でついに断念。
ここからなら燕三条駅に行って新幹線で帰れると思ったら心が折れました。
雨風が荒れる上に雷が鳴る中を燕三条駅まで15kmほど走ります。
コースを外れて駅に向かって走るとなったら、あれだけ重かった脚も身体も嘘のように軽くなった。



DNF:燕三条駅


他の参加者たちが雨風雷の中を必死に走っているのにぬくぬくと新幹線で帰宅する罪悪感と安堵感。
ああ・・・なんというか・・・ああ・・・・



こうして2020年度のブルベはDNFで終わりました。
あの時あの場所でDNFを決断したのは正しかったけど、負けはやっぱり負けです。
当然SRは取得ならず。
敗北感ともう走りたくない感が薄まったらまた来年頑張ろう。

フォローする