2月のマイナー錬「オペレーション ヤキソバ錬2」その3

前回からの続きです。

2月のマイナー錬「オペレーション ヤキソバ錬2」 その1

http://cycle.kagohara.net/2014/03/17485.htm

2月のマイナー錬「オペレーション ヤキソバ錬2」 その2

http://cycle.kagohara.net/2014/03/17512.htm

s-minor201403_03_01

妻沼からトネガワリバーを渡りグンマー帝国に侵入した我々マイナーズ。

予定の調査を終え、ここからグンマー帝国横断列車であるジョウモウレイルウェイ(和名:上毛電鉄)に乗り、キリュウシティを離脱することとしよう。

s-minor201403_03_02

上毛電鉄の誇る最新型超弩級高速エレキテル列車「700形車両」の8号車、通称「ゴールデンオレンジ号」は2両編成。

我々はこれに乗ることになるが、輪行袋などは用意していないんだよね。

s-minor201403_03_03

しかし、上毛電鉄ではサイクルトレインを実施しているのだ!

なんと、決められた日時と時間の列車では自転車をそのまま持ち込んで乗車ができてしまうという、なんともブラボーでエクセレントなシステムが有るのだ。

なお、サイタマ国の秩父鉄道でも実施されているぞ。

上毛電鉄:サイクルトレインについて

http://www.jomorailway.com/cycletrain.html

s-minor201403_03_04

行く先はオオゴタウン

切符に書かれた「心臓血管行」と言う言葉にギョッとしちゃう。

なんだか銀河鉄道999みたいだね。

疲れを知らない機械の身体にちょっと憧れるけど。

s-minor201403_03_05

車内の様子はこんな感じ。

それほど振動はないので、ママチャリのスタンドがあれば倒れることはなさそう。

でも念の為にしっかり手で支えておくべきだね。

もちろんスタンドのないロードバイクは常時支えてないといけない。

s-minor201403_03_06

s-minor201403_03_07

お行儀悪いけど、先程購入した栗まんじゅうを食べちゃおう。

焼きたてを袋に入れて持ってきたので、蒸されて柔らかくなっている。

はふはふ、つぶあんたっぷりで美味いな。

s-minor201403_03_08

電車に揺られること数十分。

暖かい日差しの中、たっぷりと満たされた胃の我々は眠くなってしまったよ・・・

しかしオオゴステーションに到着、ここからは再び自走でグンマー帝国を縦断することになる。

s-minor201403_03_09

ここからのルートは僅かとはいえ下り坂。

高速巡航で次なる調査ポイントである「助平屋」へ。

なかなか卑猥な店名だ、ここは期待・・・じゃなくて慎重に調査しよう。

s-minor201403_03_10

s-minor201403_03_11

s-minor201403_03_12

ここでは4種類の焼きまんじゅうと2種類の焼きそば、その他にアイスモナカなど、なかなかメニューは豊富。

各員、胃袋の残容量に応じて調査を進めよう。

む、ここの焼きまんじゅうはタレが独特だな。

うんうん、黒い焼きそばにはイカスミが使われているようだぞ。

調査はまだ続く。

今回の詳細な調査レポートは以下で。

桐生市錦町2丁目「藤掛屋」の栗まんじゅう

http://kagoharawalker.com/2014/03/17883.htm

伊勢崎市波志江町「助平屋 波志江町」の焼きそばと焼きまんじゅう

http://kagoharawalker.com/2014/02/17364.htm