TOKYOエンデューロRiverStage2014に出場した

s-TOKYOend01

3月15日(土)に彩湖で行われたTOKYOエンデューロRiverStage2014、カゴハラウォーカーズの仲間たち計4人で「4時間チームエンデューロ男子」に出場してきました。

s-TOKYOend02

現地入りしたのは午前6時。

前日の春一番よりはマシとはいえ、結構風が強くて大変だ。

しかも朝の冷え込みは尋常じゃなく、ベンチコートにくるまっていてもがたがた震える始末。

s-TOKYOend03

まずはタイムトライアル、その後にエンデューロという流れ。

TTはスタート直後に狭くて段差があるカーブがあるので大変そう。

変なコースだなぁ。

そしてエンデューロ開始は8時45分のため、ずっと待っているのは寒くて寒くて寒くて寒くて大変だ。

s-TOKYOend04

スタートまでまだまだ時間がある。

会場内を歩いてみるか。

今回は飲食ブースとしてキッチンカー6台が来ていたぞ。

なかなか充実しているね。

s-TOKYOend05

あれ、ひーくんはもう買い食いしてやがる!

おいおい、なに一人で温かそうなものを食べてるんだ!

しかもメンバーのO君はまだ来ないし、大丈夫なのか!?

s-TOKYOend06

O君不在のままスタート時間が。

なんとなく私が第一走者になっちゃった。

うへぇ、すごい人数だな!

このコースをこの人数で走るのは怖いなぁ・・・

1周目はローリングスタートなんだけど、カーブや上り坂のたびに大集団はストップ。

その間に先頭集団は先に行っちゃうし、それを追う速い選手は遅い選手を縫って走る。

もう危ないのなんのって、落車も何度か見たよ。

s-TOKYOend07

第1走は4周で終えて交代しよう。

しかし私が交代の合図を出すのが遅れたため、交代要員がピットにいない事態に。

「やばい、これじゃあこのままもう一周するしかない!」と焦って走りだそうとした時にようやく第2走者のくるかめさんがやってきた。

「遅いよ~、もっと速く準備してよ!」と怒るものの、あとで考えたら遅いのは私の合図でした。

スイマセン。

これで2,3分はロスしちゃったな。

s-TOKYOend08

第3走者はひーくん、第4走者は遅刻してきたO君。

4人で4時間となると一人あたりの走行時間はおおよそ1時間。

一周約4.6km位だけど、風が強いから向かい風区間ではペースは落ちる。

ここでしっかり踏めばタイムが良くなるのはわかるけど、どうしても心が折れる。

s-TOKYOend09

さて、O君の次はまた私の出番だ。

準備中にふと見ると、またしてもひーくんがドヤ顔で買い食いを!

おいおいおいおい、なに一人で美味そうなものを食べてるんだ!

しかも肉肉肉肉じゃないか!

これから走る俺へのあてつけか!

怒ボルテージは一気にMAX。

残り時間を考えると自分の出番はあと3周。

全てを出しつくして俺も買い食いしてやる!

s-TOKYOend10

デヤァァァァァァ!!!!

空腹の肉食獣の魂の叫びが彩湖に響き渡る!

パンパンに膨れ上がった太ももは向かい風をものともせずにペダルを踏む!

全力だ、いま全力を出さないで何時出すというのだ!

s-TOKYOend11

しかし、そんな気合もたった1周で終わり。

2,3周めは向かい風の区間で心が折れ、楽なトレインに入りお茶を濁してしまう。

充分に余力を残したまま今年の初レースは終わってしまった。

s-TOKYOend12

お腹はぺこぺこだ。

それじゃあ買い食いをしようか。

しかし、イマイチ食欲がわかない。

走る前はあれほど食べる気マンマンだったのに・・・

s-TOKYOend13

結局買ったのはチョリソータコス1個のみ。

ソーセージが妙に辛いのは香辛料のせいだけじゃないとはは自分がいちばん知っている。

s-TOKYOend14

抽選も外れたか・・・

s-TOKYOend15

最後に記念撮影して終了。

結果は上位40%あたりでしたね。

皆さん、大変お疲れ様でした。

個人的には今回は全然ダメダメでしたね。

向かい風の中、「ガツンと踏む」か「楽な方に行くか」で怠け心が生まれてしまいました。

向かい風の後は追い風があるので、頑張らなければならないのはせいぜい3,4分。

その3,4分すら全力を出せませんでした。

身体能力は毎週の朝練で確実にパワーアップしていたけど、心のほうが鍛錬が不十分でしたね。

リザルト云々ではなく、余力を残したまま終えてしまったことに反省しきりです。

・瞬間的にガッと出すパワーが不足

・高速巡航力がまだまだ不足

・なにより精神力が低すぎる

など、課題を山積みです。

今日のゴールは明日へのスタート。

今年もバーニングマンレースは開催されるとのことだし、もっとしっかり鍛えよう!