2月のマイナー錬「オペレーション ヤキソバ錬2」その2

2014年3月24日

前回からの続きです。

2月のマイナー錬「オペレーション ヤキソバ錬2」 その1

http://cycle.kagohara.net/2014/03/17485.htm

s-minor201402_02_01

刀水橋を渡り、籾山峠を越え、いよいよキリュウシティに到着だ。

ここが今回のメイン偵察地点となる。

s-minor201402_02_02

最初に向かったのは「ほりえ」という焼きそば屋さん。

今回のオペレーションのメインターゲットは焼きそばだ。

しかし先程「あらい」で桐生の焼きそばの調査に失敗した我々はここを新たな調査ポイントと定める。

s-minor201402_02_03

危ない!店頭には獰猛な番犬が!

やはり機密のガードは固い。

しかしこちらには猛獣使いのK4さんがいる。

彼が番犬をひきつけている間に店内に侵入する。

s-minor201402_02_04

さっそくメニューを調査しよう。

なに!?すべての焼きそばにポテトが入るだと!?

グンマー帝国の焼きそばにはサイタマ国の常識は通用しない。

s-minor201402_02_05

そして注文した「肉入り焼きそば特盛り」が来た。

むぅぅ、スゴイ量だ!

s-minor201402_02_06

肉はニンニク醤油っぽい下味が付いている感じで、カリッと焼かれてて非常に美味。

焼きそばの肉に下味が付いているのは初めてだ。

悔しいがグンマー帝国の焼きそばのレベルはかなり高いことは認めざるをえない。

デ・カルチャー!

s-minor201402_02_07

ポテト入りというのも初めて体験する。

炭水化物に炭水化物を付けるとは!

ヤック、デ・カルチャー!

店内にいる間にも注文の電話がひっきりなしにかかってきていた。

グンマー帝国民は焼きそばが大好物のようだ。

s-minor201402_02_08

焼きそば特盛りを胃袋に収めた我々は次の調査ポイントへ。

やってきたのはお菓子の「小松屋」だ。

s-minor201402_02_09

ここではキリュウシティの特産物である「花パン」なるものを入手する。

売っているものの名前はパンなのにお菓子屋さんという、不思議な食べ物らしい。

これの調査は後にして、次の調査ポイントに向かおう。

迅速に行動しなければ。

s-minor201402_02_10

次にやってきたのはこれまたキリュウシティの特産物である「栗まんじゅう」を販売している「藤掛屋」だ。

s-minor201402_02_11

なんということか、先客が数名いて即座に栗まんじゅうをゲットできない!

それじゃあ注文だけして次のポイントへ向かおう。

s-minor201402_02_12

次のポイントはすぐ隣りの「山作精肉店」だ。

ここにもキリュウシティの特産物があるらしい。

s-minor201402_02_13

入手したのは「肉ダンゴ」「ふくふくギョウザ」だ。

さっそく実食調査だ。

s-minor201402_02_14

その後は栗まんじゅうを受け取ってウエストキリュウステーション(和名:西桐生駅)に転進する。

ここからグンマー帝国横断列車であるジョウモウレイルウェイに乗り、キリュウシティを離脱するのだ。

続く。

今回の詳細な調査レポートは以下で。

桐生市本町3丁目「ほりえのやきそば」の肉入り焼きそば特盛り

http://kagoharawalker.com/2014/03/17917.htm

桐生市本町4丁目「小松屋」の花ぱん

http://kagoharawalker.com/2014/03/17935.htm

桐生市錦町2丁目「山作精肉店」のふくふくギョウザと肉ダンゴ

http://kagoharawalker.com/2014/03/17904.htm