「ツール・ド・東北 2016」当日 前編

前回からの続きです。
「ツール・ド・東北 2016」当日 前編
https://cycle.kagohara.net/2016/09/20997.htm

tdt2016_02_01
起床は朝3時。
宿から30~40分で雲雀野埠頭駐車場へ到着です。
そこで準備をして会場である石巻専修大学まで自走します。
当然真っ暗なので前後方のライトが必須です。

tdt2016_02_02
会場までは参加者が自然にトレインを組んで走ります。
雨で落ち込んでいたテンションが徐々に上っていく。

tdt2016_02_03
会場についたのは5時前。
私達の走る南三陸フォンドのスタート時間は6時。
ちょっと早く着すぎちゃったけど、そのかわり先頭に並ぶことが出来ました。

tdt2016_02_04
各ウェーブ30人ほど1分おきくらいで出発するので、最後のウェーブだと先頭から20~30分遅れる可能性があります。
今回は走力の異なる5人チームで出場している私達、足切りタイムがあるこのイベントではスタート時間によって生死を分けることになるかもしれない。
だから第1ウェーブでロスタイム無しで出発できるのは非常に有り難い。

南三陸フォンドのスタート

tdt2016_02_05
5時半に211kmを走る気仙沼フォンド組がスタート。
その後に我々の南三陸フォンドです。
スタートイベントはそれぞれのフォンドでやるみたい。

tdt2016_02_06
お、別府史之選手が一緒に走るのか!
彼とはzwiftで2回も一緒に走った仲。
マブダチと言っても過言じゃない。
「ヘイ、フミ~」とウインクしたけど、恥ずかしがり屋の彼は知らん顔してた。

tdt2016_02_07
さあ、いよいよスタートです。
市街地を抜けて平地を走ります。
沿道に立ち並ぶのは仮設住宅。

第1AS:女川駅前AS

tdt2016_02_08
走行距離 19km 走行時間 47分
第1AS(エイドステーション)である女川駅前ASに到着。
雨は弱まるどころか徐々に強くなっていく。
そのためとても寒い。
ここは温かいものがほしいところ&トイレが近い!

tdt2016_02_09
ここでの提供メニューは「女川汁(サンマのつみれ汁)」です。
ふぉぉぉ!
冷えた身体に染み渡るサンマつみれ汁!
最高に美味い。
涙がでるほど美味い!

tdt2016_02_10
プラチナパートナーであるサントリーの提供で各ASではドリンク類が補給できます。
グリーンダカラちゃんを入れてもらいましょう。

tdt2016_02_11
さあ、次のASに向けて出発しましょう。
徐々にアップダウンが出てきます。

第2AS:おがつ店こ屋街前

tdt2016_02_12
走行距離 20.5km 走行時間 53分
総走行距離 39.5km 総走行時間 1時間41分
第2ASであるおがつ店こ屋街前に到着。
ここでは「ホタテ焼き」が頂けます。

tdt2016_02_13
うは~、じゃんじゃん焼いてる!
そしてこのホタテ、見るからにデカイ!

tdt2016_02_14
プリプリウマウマ!
最高です。
もっと食べたいけど一人一個なので我慢。

tdt2016_02_15
第3ASにむけて雨の中走りましょう。
第1ASから先は基本的に海岸沿いを走ります。
そしてその海岸線は何もない平地ばかり。
家も畑も田もなく、道路と工事中の重機だけ。
当時の瓦礫こそ無いものの、本当に全部流されたんだなと実感。

第3AS:神割崎[往路]

tdt2016_02_16
走行距離 22.8km 走行時間 59分
総走行距離 62.3km 総走行時間 2時間41分
第3ASである神割崎に到着。
お待ちかねのメニューは「南三陸かあちゃんむすび」です。
ひじきとわかめの2種類あり、どちらかひとつを頂けます。

tdt2016_02_17
わかめをゲット。
中には紅鮭が入っています。
ああ、せっかくなんだからどっちも食べたかったなぁ・・・
そして消費カロリーに対して摂取カロリーが圧倒的に足りない!
今食べたのにまだ腹減りのまま走り出します。

続く